今日はただの日記。

社会人1年目がそろそろ終わるのも近く、自分の考えを整理したく。
職業・職場に対して自分の中でどういう軸を持つのか、自分の中ではあやふやで定まってなく(何なら今もまだ探している)、
自分の中で近そうだなと思った例をまとめておきたい。

将来、転職することも視野に入れ、その際に自分の軸を決めておくことは重要だろう。今のところ、特に転職などを考えているわけではない。

サラタメ氏の場合1

彼はYoutuberとしてバリバリ副業をしていて、

副業にコミットできるくらいのワークライフバランス
(儲かるかどうかとは別に)手作り感のある商売を続けていきたい。

うまくいくのであれば手作り感のある商売続けたいよね。

ちきりん氏の場合2

成果が見えるまでの期間によるフィルタリングで就活をしたらどうかという例を挙げている。

  1. その日のうちに成果がわかる(金融商品のディーラーなど)
  2. 成果は数ヶ月から1年(マーケティングや営業など)
  3. 成果がわかるまでは数年(自動車の開発)
  4. 成果が見えるまでに十数年必要(薬の開発)

自分は2~3のイメージ。1週間でわかる成果を繰り返して2年後に一区切りつけるイメージ。IT業界はこんな感じのスピードじゃなかろうか。数年辛抱強く待つのは自分にはできなさそう。せっかち。

ひろゆき氏の場合3

言わずもがなのひろゆき氏

「なくなったら困る体験は何か?」
「それがないと自分が困る」
と感じられるものに人生を捧げてもいいかもしれいないとしている。

「社会の役に立ちたい」
「市場性がある」
そんなものは後付けだとしている。

自分が困る体験、何だろう?見つかったらきっと幸せだろう。

まとめ

来年の3月にまたこれを見返すことになるだろう。自分の軸がより定まってるといいな。

参考